クリーニング前に確認すること

大切な衣類だからこそ、預ける側でもしっかり状態の事前チェックをしておきましょう。トラブルなくお店を利用するためにも大事なことですよね。

  • ポケットの中にティッシュやガムなどの紙くず、ハンカチが入ったままになっていませんか
  • シミや汚れのある場所を把握できていますか
  • ワキの下、袖口、襟にほつれや破れはありませんか
  • スーツなどの揃いのものは、上下一緒に出せていますか
  • 特殊なボタンや装飾品は取り外してありますか
  • クリーニングに出す衣類は、無理なシワをつくらないように詰めていますか

衣類を預ける時に伝えること

衣類をクリーニングする際には、その技術の前にお客様からの情報が必要。どこをどうキレイにしてほしいか、どこに注意してほしいかなど要望をしっかり伝えましょう。

  • シミや汚れで気になるところは、店員さんに伝えましょう
  • シミ抜き・汚れ落としが必要な衣類はその処理方法を確認しましょう
  • プレスをかけてほしい衣類はその希望を伝えましょう
  • 付属品(ベルトやフード)がある場合はその旨を伝えましょう
  • クリーニングにはじめて出す衣類はその旨を伝えましょう
  • 預かり伝票を受け取り、預けた衣類の点数、仕上がりの日時を確認しましょう

受け取りから収納までのチェックポイント

最後は、衣類の受け取りから自宅で収納するまでのチェックポイントです。

  • まずは、預けた点数が合っているか確認しましょう
  • シミや汚れ落とし、プレスを依頼していたものは、その場で落ち具合や処理がされているか店員さんと一緒に確認しましょう
  • 持ち帰った後はカバーから出して、状態を確認しましょう
  • 異常や気付いた点があれば、必ずスグにお店に連絡しましょう
  • クローゼットに収納する時はカバーを外しましょう(変色が起こる可能性があります)
  • 防虫剤の使用法をよく読んで、正しく利用しましょう

クリーニングを出す際、受け取る際のやりとりが、そのお店が優良店かどうかを見極めるポイントになることも。お店の対応や衣類の状態をしっかりチェックして、気に入ったお店を賢く利用できたら良いですね!